スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレナVer.2テストサーバー案内詳細 ふつかめ

2月11日金曜日テスターサーバーアップデート案内です。


【 I 】 テスト サーバー基本設定

■1:キャラクター生成時に支給される[カレナ支給品(トータル)]箱に[帰還スクロール]200枚が追加されました。

■2:[カレナ補給品箱A]に入っている[武器修理キットA]、[防具修理キットA]の数量が200個へ増加しました。

■3:公開テスト[サーバーオープン時間]と[ペルス城奪還戦進行時間]は次の通りです。
 (円滑なテスト進行のために本日の奪還戦進行は下記のように修正されます。)


 日時  |サーバ稼働時間| 奪還戦発生時刻
02月10日| 16:00 ~ 22:00 | 19:00 / 21:00
02月11日| 17:00 ~ 22:00 | 18:00 / 20:00
02月12日| 14:00 ~ 20:00 | 16:00 / 18:00
02月13日| 14:00 ~ 20:00 | 16:00 / 18:00



【 II 】 一般

■1:スナイパースキル[クリューエルチェイサー]がとても多くのHPを減少させた事に対し、使用条件を無視して使用が可能だった問題が修正されました。

■2:スナイパースキル[ゴースト スタンス]使用時、透明化効果を受けても聖物を落とさなかった問題が修正されました。

■3:スパイラルロードの[門番カフカ]が使う[偏向の視線]魔法が正常にダメージを反射すように修正されました。

■4:カレナインスタンスダンジョン[アリエラ]と[スパイラルロード]で、共通スキル[リターン]スキルが使用できないように修正されました。

■5:Lv.79新規スキルに、スキル効果音が正常に適用されました。

■6:カレナローカルマップ(M)に、インスタンスダンジョン[アリエラ]と[スパイラルロード]の入口位置が追加されました。

■7:[カレナエメラルド-Aランク-]の使用レベルが、Lv.71~75→71~80に変更されました。



【 III 】 ペルス奪還戦

■1:ペルス奪還戦の全体制限時間が50分から40分に減少しました。

■2:ファシオン光子砲の移動速度が増加しました。

■3:奪還戦stage.3で登場するボスモンスター[督戦隊長:黄金の翼]の大きさが増加しました。

■4:奪還戦stage.4の城内戦闘で生成される[次元の門]のHPが減少しました。
 -また、[次元の門]で生成される召還モンスターのHPも減少しました。

■5:城内戦闘でファレルが使う全域魔法がプレイヤーにとても大きなダメージを与えた問題が修正されました。

■6:奪還戦勝利時の褒賞[ペルスの宝物箱]が追加されました。
 -奪還戦勝利時ペルス城内に、ランダムで[ペルスの宝物箱] 50個が現れます。
 -ゼレニスの破片、マウント結晶、修理キット、カイジ、ヒラなど、9種のアイテムを獲得することができます。

■7:エルディーン族古代白金貨で交換できる褒賞品の必要ポイント(金貨の枚数)が変更されました。



【 IV 】 クエスト

■1:[[反復]大気のプラン]クエストの誤字が訂正されました。
 -キャラクター会話中[水の属性]と話す部分を[風の属性]で修正しました。

■2:[[ノーマル]ジョン ライトの蛮行]クエストが修正されました。
 -[ジョン ライトとの賭け]クエストを完了してから[[ノーマル]ジョン ライトの蛮行]クエストを獲得できます。





(ヽ´ω`)<PCで作業してるのでゲームが起動できませんすいません。

 さらに飴(褒賞アイテム)が投下される模様。

ボスモンスター8体を攻略したという話が聞こえてこない…ハードル高そうだなぁ・・・。

強襲戦褒賞のカレナエメラルドA(71以上に経験値+0.3%)の有効範囲が広がりました。75以降はさらにマゾくなりそうなので助かります。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ほろ酔い姉さん

Author:ほろ酔い姉さん
所属国:マケドニア

その昔あったAIKA ONLINEという戦争ゲーのブログでした。
現在はグランブルーファンタジーで廃プレイ中。そのうちToSに移行すると思います。

(ヽ´ω`)は昔パンヤスレでよく使われていたガチャで財布がスッカラカンになったときのAAから。

(ヽ´ω`)カ・・カラカラじゃよ?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。